にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなろぐ

アウトプット中心。

「YouTubeで小さく稼ぐ」考察するブログと動画の相乗効果

 

f:id:takosonomono:20160330132819j:plain

人気ユーチューバーのMEGWIN氏が書いた著書「YouTubeで小さく稼ぐ」を読みました。率直な感想を言うと「良書」だと思います。

YouTubeの収益化には興味があり、少し前にヒカキン氏が書いた「僕の仕事はYouTube」を立ち読みしたのですが、こちらは収益化の具体的なノウハウについて書かれてなく初心者の参考にはなり難い内容でした。

今回読んだMEGWIN氏の本は「どういった動画を撮ったらいいか」「具体的な撮影方法」「具体的な告知方法」に触れており参考に動画を投稿し続ければもしかしたら成果が上がるのでは?という気がします。

中でも感心したのが、一本の動画でなくトータルの動画で再生回数を稼ぐことが目標であること。投稿を続けていれば、ウケる動画があれば見向きもされない動画もまた必ず出てくるので、トータルで再生回数を稼ぐことが大切らしいです。

 

ですのでブログと同じく、動画投稿も「何より続けること」が大切ですね。

 

超ハプニング映像を撮るために一本の動画に力を入れまくって傑作を生み出したとしても、その後長続きしなければ瞬間風速は高くてもいずれ抜かされます。ほんと、「継続は真の力なり」なのです。

 

・ブログと動画は意外と相乗効果が高い?

ブログと動画はどちらも情報発信のツールですが、それぞれ全く異なる物であるためどちらか一つを極める方が多いと思います。職業もブロガーとユーチューバーに言葉分かれてますし、製作過程も全く違うのでそれはわかる気がします。

が、ブログと動画の二つを上手く使って発信できるようなスタイルが確立すればそれはそれで良い線いくんじゃないかな、と閃きました。

その理由を書きたいと思います。

 

1.YouTubeでブログの宣伝ができる

YouTubeで動画を投稿すると海外のユーザーにも作品を見てもらえるチャンスがあります。で、知られているのか不明ですが、YouTubeへの動画投稿の際、詳細欄にブログURLを貼ることが出来るので、うまくいけば視聴者をブログへ誘導することが出来ます。海外の方向けに英語の記事を用意する必要があるかは謎ですが。。。

 

2.動画であれば文字で伝え難いことが伝え易い

動画は視覚に直接働きかけるので強いです。食レポする場合、上手く撮影すれば動画の方が美味しさが伝わり易いですし、商品説明もどういった物であるかは動画の方がわかり易いでしょう。対象が考え方などの概念でなく物的なものであれば動画というツールが役立ちますね。

 

動画の視聴者はまずサムネで見るかを判断し、最初の数秒で惹きつけられれば内容に興味を持つと言われています。

気軽にスマホで動画撮影を始めて、ゆくゆくはブログと繋げることができたら面白いと思うんですけどね。

 

 

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~